smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
profile
世界時計
San Francisco time
San Francisco Time
new entries
categories
archives
recent comment
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< インド--SIKKIM(スキーム),GANGTOK(ガントック) | main | ブータン--高僧にあう。THIMPHU(ティンプー) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

ブータン--PHUNTSHOLING(プンツォリン),THIMPHU(ティンプー)

プリンツォリンは国境の町。インドからアッサム地方をバスで抜け、ブータンへの国境の町へついたのは夜8時くらいだっただろうか。ひどい雨で、辺りは暗くよく見えない。都会ではないのだが人や車や馬や犬でごった返している。恐ろしく小さなオフィスで入国の手続きを済ませ、ひとまずプリンツォリンに宿泊。国境越えは翌日となった。
ブータンとインドは違う。まず建物からして違うのだ。日本人に近い顔付きの人々が、日本の着物に似た民族衣装をまとっている。

ホテル国境の町で泊まったホテル。ブータンは国を挙げて文化を守ろうという動きがあるので、ホテルの作りも文化的なのだ。

国境インドとブータンの国境。バスで通りすぎる。このツアーで日本人は私のみ。国境をバスで通過する際に、日本人はお前か、と確認される。

マリファナブータンにはマリファナが大量に自生している。現在ブータンでは観光制限をつけ、観光客には必ずドライバーとガイドがつく。チベットのように、バックパッカーなどが居着くのを防ぐ為である。ブータンにバックパッカーが大量入国したら大変だろうなぁ...マリファナ吸い放題だもの。

道すがら、たくさんの場所にプレイフラグが立ち並んでいる。白いフラグがたっている場合、誰かがその場所で亡くなったことを示す。フラグは風にはためいて、とても美しかった。
flag
学校の看板ティンプーの町では学校に行く機会があった。寄付の品をもち学校を見学。

学生英語教育を熱心に取り組んでいる。小高学年になると、実際に英語で会話もできる。ツアーのアメリカ人達は子供たちに写真を見せたりしながら英語で会話をしていた。

学校ここの子供たちは、どの子供も明るく、きれいな瞳をもっていた。子供たちは皆、自分たちの写真が欲しいようだった。

at 15:13, knk, BHUTAN

comments(2), -

スポンサーサイト

at 15:13, スポンサードリンク, -

-, -

comment
, 2006/12/09 9:09 PM

英語ばかりで、コメントのしかたが
よくわからんぞ!!

knk, 2006/12/10 1:16 AM

RE<コメントばっちりいただきました。ミクシィからお越しの際は、名前入れてちょ。