smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
profile
世界時計
San Francisco time
San Francisco Time
new entries
categories
archives
recent comment
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

反捕鯨団体シー・シェパード、日本の捕鯨船に体当たり?

このところ、またも捕鯨問題がニュースに出ている。オーストラリア沖に、調査目的という名目で、漁にでている捕鯨船に対しての、反捕鯨団体による攻撃に関してのニュースである。

今回問題になっている、反捕鯨団体シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society)は、捕鯨船に体当たりして船を沈めたりと、なかなか過激な動きを見せる団体だ。でも本人達は、「は傷つけた事はない」という。


日本の水産庁によると、現在6隻の船による日本の船団が捕鯨調査のため南半球へ向かっていて、夏期にミンククジラ850頭とナガスクジラ10頭を捕獲する計画らしい。

調査、という事にはなっているが、そもそも調査であるのならば、1000頭あまのクジラを捕獲、殺戮する必要はないのではないだろうかと、思う。

実際のところ、流通するルートがある為、捕鯨が行われるのだろう。実際、鹿児島なんかでは空港内で販売されていた。日本国内の飲み屋でもたまに見かけるし、鯨肉を扱う専門店も有るらしい。

食文化の豊富な今、捕鯨が必要であるかやはり疑問が残るものの、万一、豊富に資源があるのなら活用したい、というのが漁師さんの心情なのかもしれない。

世界中から批判を浴びている捕鯨問題、どうしてそんなに続ける必要があるのか不思議でもある。高く売れるのかしら。


今後、環境保護団体、グリーンピースからの日本の捕鯨船への攻撃もあるそうだ。

ニュースを見たい方はこちら
他にもどんどん更新されてます。

at 09:42, knk, 捕鯨問題

comments(2), trackbacks(0)

クジラ問題-その3

捕鯨問題 その2各国の見解の違いーー捕鯨船「日新丸」火災にあうに対してコメントいただきました。

新しいクジラ情報です。

ゴンドウさん、新しい情報とコメントありがとうございました。しばらく離れていたクジラ問題について、再度、考えさせられました。


-----ゴンドウさんからのコメント

アメリカの先住民は捕鯨をせずとも問題なく生活できます。鯨肉は彼らの蛋白源の数%程度です。アメリカは自国には伝統捕鯨を認め、日本には肉の売買を伴わない伝統捕鯨すら認めません。この点も大きな問題です。

>南極海ミンククジラのことでしたら今年の捕鯨総会で「36万頭」と発表される予定です。

今年の総会でミンク鯨の数について具体的な決定はありません。

またザトウ鯨とミンク鯨についてはその数が増えていることが認められ、国際自然保護連合(IUCN)で、絶滅の危険がない種へと変更されています。反捕鯨国による「鯨は絶滅危惧種である」との主張は、これらの種においてはその根拠を失ったわけです。
| ゴンドウ | 2007/07/26 8:37 AM |


>クジラはビジュアル的に平和的で無害なイメージの為

牛や豚は反平和的で有害なイメージですか?豚はペットとして飼われたりもしています
ところで食料問題の点から言うと、牛肉1キロを生産するのにエサとして穀物は8キロ以上、豚肉だと1キロ生産するのに5キロの穀物が必要です。世界で生産される穀物の3割以上が家畜のエサです。また大量の水も必要とします。(もちろん鯨は穀物を食べませんし、水も飲みません。)

日本や欧米豪などは捨てるほど食べ物がありますが、肉も穀物も充分に食べられない国や地域は今でも世界の大多数です。例えばベトナムのようなそれなりに発展している国でも食料事情は悪いです。今後、中国人やインド人なども豊かな人が増えると予想されますし、現にそうなりつつあります。

彼らが日本人と同じぐらいに肉や穀物を食べることができるのでしょうか?そのためには自然を破壊して、牧草地や農地を作らなければいけないわけです。牧場や農場は自然破壊の結果ですよ。

世界的な異常気象や豪州のような自然破壊の結果の酷い干ばつ等の影響で穀物の生産も先行き不透明です。そして収穫された穀物は家畜のエサとなり、その家畜を先進国民が食べ、それ以外の人々は飢えるのです。穀物がもったいないですよね?

これからの食料問題を乗り切るには、食の多様性を認め、自然の幸を上手く利用することが欠かせません。皆が皆、アメリカや豪州の牛を食べる必要はないのです。鯨を食べる人や犬を食べる人がいてもいいのです。ミンク鯨ように数の多い鯨を捕ることはまったく問題ありません。日本やノルウェーは資源に配慮した捕鯨を主張しています。

「かわいそうだから」「残酷だから」「野蛮だ」などというのは無知と傲慢以外の何ものでもありません。そんなことを本気で言っていると、自分で自分の首を絞めることになるだけです。

| ゴンドウ | 2007/07/26 8:13 AM |

at 02:43, knk, 捕鯨問題

comments(1), -

捕鯨問題 その2

捕鯨船日新丸---捕鯨問題 の投稿に、コメントをいただきましたので是非みなさんにも見ていただきたく、こちらにのせました。

#「赤いハンカチ」さん、もし迷惑でしたらご連絡ください。

----以下コメント主「赤いハンカチ」さんのコメント---


>資源量を見直すためには調査が必要です。

違います、なぜなら「資源量」推定はIWC主催のクジラを殺さない目視だけによる目視調査SOWERが請け負っておりますので日本の捕獲調査JARPAは必要とされてはいないからです。

>クジラを捕獲しなければ調査できない項目があり

RMP(管理方式)完成によりそういった生物学的パラメーターは必要としなくなりました。つまり日本の捕獲調査JARPAは必要ではないことを行っているというわけなのです。

>(日本は、捕獲しないで目視での調査も行なっています)

日本が勝手に行っているのであって南極海ミンククジラ資源量包括的評価には何ら影響を与えるものではありません。南極海ミンククジラ資源量包括的評価はIWC主催のクジラを殺さない目視だけによる目視調査SOWERから求められます。

>捕鯨に反対する国は独自調査を行なわずに十分な議論無しに多数決で「モラトリアム」 状態の続行を決定しました。

それは違います。なぜなら「モラトリアム」以前にはIWC科学委員会内において 「クジラの不確実性」のことで侃々諤々と議論をやり合っていたからです。

>70万頭以上いるというのは、その会議での科学部門でも認められた

そのような事実はありません。
各海区の中間推定値を足して良いとする合意はありませんでした。

>野生動物では類のない科学的データを蓄積してきました。

溜めれば良いってもんじゃありません。16年間で何十億円もの税金をかけ6000頭もの南極海ミンククジラを殺して研究しておきながら鯨資源管理に関する国際査読付論文の数がなんとたったの1本という科学的レベルの超低さなのです。

余りにも捕鯨推進側のページを鵜呑みにする人が多すぎます。

-----コメントここまで----

みなさんはどう思いますか?ちなみにまーくんは赤いハンカチさんにほぼ同意見で、研究の為に捕鯨が必要であるわけはなく、鯨の数は少ないままだといいます。(記事を読んで。)彼は”greenpeace”の賛同者です。(彼はアメリカ政府より日本政府よりgreenpeaceを信じ手いるそうです。)


この件に関しては、研究/調査を続けていきたいと思っていますが、ほかにも多くのコメントお待ちしています。捕鯨には反対だ!賛成だ!などの簡単なコメントでも結構ですのでどしどしお待ちしています。

at 16:10, knk, 捕鯨問題

comments(8), -

捕鯨船「日新丸」---捕鯨問題 その1

前回、捕鯨についての疑問や問題について投稿したところ、詳しい解説付きでコメントをいただきました。捕鯨に関してたくさんの方々に見てもらえるとうれしいので、こちらにアップしました。



---------以下コメント主「迷い人」さんからのコメント----

わたしも捕鯨の是非について考えている者です。
勝手ながら自分の思ったことをコメントさせてください。

日本側の報道に対する姿勢はお粗末だと思います。
その上で。

現場に一番近くにいる当事者たちと
直接連絡を取り合っている鯨類研究所は、
当初から以下のようにリリースを英文で出しています。
「重油漏れの危険無し」「自力運行可能か調査・修理中」
「燃料補給用のタンカーが真横にあるので、
万が一、自力運行が無理でも、その船で曳いて移動可能」

http://icrwhale.org/News.htm

もちろん、日本・鯨類研究所側の発表は鵜呑みに出来ませんが

「環境汚染が懸念される」との海外、
とくに反捕鯨の立場にある国の報道は
なんらかの具体的な調査に基づく報道ではなく
捕鯨船団を監視しているグリーンピースからの
“外から眺めての”推測情報を元にしています。
たとえば、船舶技術や海難事故の専門家による
コメントすら掲載されていません。



> 鯨は捕るのも食べるのも禁止されたという
正確には、「モラトリアム」といって禁止ではなく休止です。
それは今から「25年前」のことです。
クジラの数が激減してこのままでは捕鯨ができなくなるから
その資源量の回復を待とうという目的です。
捕鯨を止めるためではなく、
将来にわたって持続的に行なうためです。
その際に「10年後」(つまり今から15年前)に
資源量の見直しをして、
その後のことを決めると約束されました。


> 鯨の捕獲って法律的に認められているのだろうか

資源量を見直すためには調査が必要です。
クジラがどのくらいで成熟するのか
(赤ちゃんを産めて増えていくのか)
クジラがなにを食べて、
クジラの増減と海環境の関係はどうかなど。
可哀想ではありますが、
クジラを捕獲しなければ調査できない項目があり
そのために、毎年「計画書」を作成して、
確率的に必要な量だけを捕獲。
(日本は、捕獲しないで目視での調査も行なっています)
調査を終わった鯨体を「無駄にしないよう」流通させて
その収益を100パーセント、次年度の調査にあてています。
これらは「国際捕鯨取締条約」に
加盟国の権利として認められています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/whale/jhoyaku.html
さて、「モラトリアム」の「10年後」に
日本は「ミンククジラ」という種は76万頭いると考えられると
10年間の調査結果とともに主張しました。
捕鯨に反対する国は独自調査を行なわずに
十分な議論無しに多数決で
「モラトリアム」状態の続行を決定しました。
70万頭以上いるというのは、
その会議での科学部門でも認められたにも関わらずです。

日本はその結果を覆すために、
その後現在までの「15年間」調査を続け、
野生動物では類のない科学的データを蓄積してきました。
その上で、
絶滅させないよう捕獲量を徹底的に管理しての
捕鯨再開を主張しています。

> 現在も日本の一般市民に食されているのか?

実際には、「食されている」とは言えないと思います。
考えたいのです。
たとえば、25年間、マクドナルドを禁じたら
25年後の若者はマクドナルドを食べたがるでしょうか?
たとえば、クジラを絶滅させない前提で捕鯨を再開し
「商業」として努力した末に業界が廃れるのは仕方ありません。
反捕鯨の立場のなかの強国は牛や豚など畜肉の大輸出国です。

クジラ1頭で牛が60頭分くらいのたんぱく質を得られます。
牛1頭を育てるために必要な穀物の量はいかほどでしょう。
地球規模の環境を考えるとき、たとえば
世界中が努力して、おいしい牛を我慢して
慣れないクジラを食す努力をする。
そんな考え方も成り立つのではないでしょうか。

多くの「一般」には食されていませんが
地域によっては郷土の料理として今も必要とされています。
高たんぱく低カロリーな肉でアレルゲンの少ないクジラは
一部ではありますが
アレルギーの子どもたちや病院食に役立てられています。

夢ではありますが
たとえば世界の貧しい地域に鯨肉を届けられないものか。
戦後の貧しい日本を救ったクジラにもう一度活躍してほしい。
そんなことも思いますが、
現在の国際条約では、それは難しいようです。

以下、ご参考。
http://www.whaling.jp/qa.html
http://www
http://www.whaling.jp/qa.html
http://www.icrwhale.org/eng/58BriefingNoteJap.pdf (PDFです)

-----------------ここまで-----

私は、捕鯨が悪い、とは一概に言えないと思っています。クジラはビジュアル的に平和的で無害なイメージの為、多くの人が捕鯨関していいイメージは持たないと思います。しかし、それぞれの国や環境によっては、クジラは貴重な資源であり、クジラから得るタンパク質などの栄養価は生きる為に必要である場合もあると思うのです。

アメリカにいて思うのですが、アメリカは本当に食に豊な国です。肉類に至っては、数えきれないほどの種類が豊富にあります。牛、豚、鶏、鴨、鹿、羊など。このような国ではクジラは必要ではないかもしれません。

しかし、小さな島国のような場所ではおそらくクジラのような高タンパク質で、栄養価の高い食肉は貴重なものでしょう。

ただ、日本は現在世界3位に豊かな国とされており、絶滅危惧種に指定されているクジラを食肉とすることが必要か?研究の為に、クジラを殺すことがどうしても必要か?疑問が残るところです。この件についてはまだまだ突き詰めて研究したいと思います。

みなさんはどう思いますか?コメントを残してもらえるととてもうれしいです。

at 12:26, knk, 捕鯨問題

comments(2), -

各国の見解の違いーー捕鯨船「日新丸」火災にあう

新聞をよんでいたまーくんから日本の捕鯨船が火災に遭い、ニュージーランドの沖合で停滞しているというニュースを聞いた。
停滞している場所というのが、ぺンギン集団繁殖地からちょうど175kmがある場所で、ニュージーランドを始めとする数各国が、1,000トンの重油を積む捕鯨船「日新丸」からの重油流出による環境破壊を懸念しており、日本政府に捕鯨船の移動を求めているという物である。
http://tvnz.co.nz/view/page/411366/1001984

なぜ日本政府は船を移動しないのか?そもそもなぜ、絶滅危惧種になっている鯨を捕獲し食しているのか?私がその事についてどう思うのか?また、日本国内のニュースではどのように報じられているのか興味がある、と。

まず、ニュースにおいて、日本のニュースを覗いてみると、「火災により乗組員が1人死亡。海上での悲劇」のような内容の物が多い。重油による環境破壊の危険性や、世界最大のペンギンの繁殖地が近いということに触れられている記事はほとんどなかった。
http://www.news24.jp/77495.html

国外のニュースにおいては「日本の捕鯨船が火災にあい、環境破壊が懸念されており、ニュージーランド政府は船の移動を求めるが日本政府は受け入れず」といった感じである。


まずその違いに驚いた。国によって見解が違うというのは、政治が関わってくるため当然ではあるのだろうけれど。


記事から推測するに、日本政府の考えとしては、重油漏れの危険はなく、「日新丸」は修理が完了次第、捕鯨を続けたいが為に船を動かしたくないようだ。事なかれ主義の日本らしい。

しかし、ニュージーランドをはじめとする数各国は、重油漏れの危険性があるのであれば、最悪の事態を回避するためにすぐにでも船を動かすべき。日本が船を動かしたくなければ、手伝いをする、というもの。


そもそも鯨の捕獲って法律的に認められているのだろうか?というのが私の最初の疑問。 次に、鯨の肉は現在も日本の一般市民に食されているのか?という疑問。
私が小学生の頃は、給食にまででていた鯨の肉。でも最近はめっきり見かけない。小学生高学年の頃、鯨は捕るのも食べるのも禁止されたという噂を聞いたがあれは何だったのだろう?などといろんな思いが巡る。


この件についてはもうちょっと突き詰めて考えて行きたいところだ。
いろいろしらべているものの、資料がまとめきれないので、まずはいろんなサイトを紹介。


エスペランサ号クルー野田沙京のブログ
(エスペランサ号は現在「日新丸」の救助支援活動中)
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/oceans/whale/sato


くじらワゴン
(グリーンピースというNPO環境保護団体の日本語サイト)
http://www.whalelove.org
このグリーンピースという団体、捕鯨に反対しているのかと思いきや、鯨の肉を食べているシーンをテレビで放映。会員からの反発を受ける。この団体のブログの書き込みによると、彼らは捕鯨にまっこうから反対している訳ではなく、捕鯨という日本の伝統と、絶滅危惧種にされている鯨を今もなお、日本が捕獲しつづけていることについて、日本人として考えてほしいというもの。


クジラを食べてみた
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/oceans/whale/sato/daylist_html?year=2007&month=2&day=9

捕鯨船「日新丸」に関するニュース
http://www.news.com.au/story/0,23599,21263102-1702,00.html# http://www.signonsandiego.com/news/world/20070223-0348-antarctica-crippledwhaler.html http://tvnz.co.nz/view/page/411366/1001984

at 03:27, knk, 捕鯨問題

comments(4), -